バイクとカメラで遊ぶブログ

トライアンフ"デイトナ675" 、ヤマハ"WR250X"との日々を、リコー "GR"、アクションカムで記録します。ライフハック、ワークハック的な話も少々。

タイムラプスを撮影した -iPhone7とGR-

タイムラプス(Time Lapse:微速度)を撮影しました。

写真を何枚も撮影し、動画としてまとめたものです。パラパラ漫画の写真版です。

今回の撮影機材は以下です。 

  • iPhone7
  • GR

 

 

スマホでも、簡単に撮れます。

カメラアプリの「タイムラプス」モードを選択して、撮影ボタンをタップするだけで、簡単に動画にしてくれます。

 

GRについては、「タイムラプス」モード自体はないため、「インターバル撮影」モードで撮影した後、ソフトウェアで加工します。

色々な機能がありますが、写真データを取り込んで、動画フォーマットで出力してくれる、単純なものです。

今回、使用したソフトウェアはこちら。

 

タイムラプスを撮影するうえで、ポイントをいくつか紹介します。

 

ロケハンを行う。

長い時間をかけて変化するものや、沢山のものが移動するような景色が理想的です。

タイムラプスはロケハンが命です。

空(雲/星)、街並みが代表的な被写体です。屋外の撮影においては、天気が非常に重要になります。(星が撮りたくて夜に山間部へ出掛けて、雲がかかっている、なんてことも)

 

本体をしっかりと固定する。

途中で機材は「絶対」に触らないようにしましょう。微かなブレで画角が変わってしまいます。

どんなに小さくてもいいので、三脚を使いましょう。

 

一度撮り始めると、しばらく放置です。

小一時間(最低でも)、忍耐強く待ちます。iPhoneは使えないので、暇つぶし出来るものを準備しておきましょう。

バッテリー残量にも注意です。給電しながらがベストです。

 

一眼レフ等では、ホワイトバランス、ピント、絞り、シャッタースピードは、予めマニュアルで設定しておくべきです。

iPhoneではタイムラプス撮影アプリがあるため、これを使うと一眼レフと同等の設定が用意されています。

 

iPhoneで気軽に撮影出来ますが、暗くなってくると、やはり辛いものがあります。

最近のスマホのカメラ性能は素晴らしいですが、一眼レフのセンサーサイズの大きさには劣るため、ノイズが出ます。

GRはその点、センサーもそこそこイイものが積まれており、撮影設定も自由に出来ます。

 

f:id:daytona_goto:20170913203354j:plain

iPhone7で撮影。光が少なくなってくると、ノイズが目立ち始める。

 

f:id:daytona_goto:20170913203406j:plain

GRで撮影。iPhone7と同時間帯でもノイズが少なく、濃淡を表現している。APS-C型センサーを積んだGRは、ただのコンデジとは一味違う。

 

そんなことをしているうちに、また物欲が沸々と…

風景画を撮る場合は、やはりセンサーサイズが大きいと有利です。

E-410でフォーサーズ、GRでAPS-Cを経験、フルサイズは未だ未経験です。