バイクとカメラで遊ぶブログ

モータスポーツ、バイク、写真、アクションカムで遊んでいます。サラリーマン時代のライフハック、ワークハック的な話も少々。

ハスクバーナ TC125 を買った

ハスクバーナ TC125 を買った

 

 

ハスクバーナ TC125 を買った。

125cc の2stモトクロッサーである。2stも、モトクロッサーも初めてである。

「2stはピーキーで扱いづらい」と多くの知り合いから聞いたことがあったが、近年の2stマシンは軽くて扱いやすく、かつパワーバンドの加速感は格別だ。初心者でも十分に乗れるマシンである。

 

オフロードバイクの知識は、ほとんどない。デイトナ675、WR250Xで得た知識では全然足りない。

ライディングはもちろんのこと、ハード面は全然違う。混合燃料のこと、キャブレターのこと、タイヤ種別と空気圧のこと。

走れば泥塗れになるため、洗車も必要だし、チェーンルブもロード用とは種類が違う。日々のメンテナンスをしながら、学んでいきたい。

 

シート高は992mmもあるが、サスペンションの沈み込みのお陰で、足つきはそこまで気にする必要はない。車体重量も軽い。

最高出力は40PS、車体重量は約90kg、パワーウェイトレシオは 2.25kg/PSである。(WR250Xのパワーウェイトレシオは4.32kg/ps)

 

 

 

外観と各種装備

f:id:daytona_goto:20171204174642p:plain

TC125 Husqvarna 2015年式 -125ccの2ストロークエンジン・フルサイズ

フレーム:クロモリ製

ギア:6速

車両重量:約90kg(燃料を除く)

シート高:992mm

 

f:id:daytona_goto:20171204174843p:plain

f:id:daytona_goto:20171204174904p:plain

f:id:daytona_goto:20171204174924p:plain

エンジンは非常にコンパクト。125ccとはいえ、パワーバンドの加速感は凄い。

 

f:id:daytona_goto:20171204174945p:plain

f:id:daytona_goto:20171204175029p:plain

前後サスペンションは "WP" 製で、アジャスタブル機構あり。

リアサスペンションはプリロードと、リバウンド、コンプレッション(高速・低速)の調整が可能。フロントサスペンションはリバウンド、コンプレッションの調整が可能。

 

f:id:daytona_goto:20171204175109p:plain

ノーマルでは、キックスタートのみだが、追加オプションでセル機構を増設してある。転倒等からの素早いエンジン始動と、キック不要なことによる体力温存に有効。

国産メーカーにおいては、未だセルを装備していない車種がほとんどであるが、世界的にはセル装備がスタンダードである。